MENU

おまとめローン審査のポイント

おまとめローンを申し込む場合には、金利や借入限度額を一番考慮します。
当然金利や借入限度額は重要なポイントですが、他に忘れてはいけない点があります。
それは「審査に合格する」ことです。

 

そもそも審査に合格できなければおまとめローンを利用することができません。
いくら低金利のおまとめローンを見つけても、審査に不合格ではおまとめすることができません。おまとめローンを申し込む前に、審査で重要視されるポイントをチェックしておきましょう。

 

一般的におまとめローンの審査基準は通常のローンよりも厳しいといわれています。
借入金額が高額になる傾向があり、その分審査基準が厳しくならざるを得ない側面があるためです。ただし収入が十分で、いくつかのポイントをしっかりおさえておけば、審査にも十分合格できますので、安心して審査に臨むようにしましょう。

 

借入件数の比較

おまとめローンの審査では借入総額よりも借入件数が重視されます。

 

例えば総額200万円のカードローンを利用している次の2人を比較してみましょう。

 

  • Aさん→50万円を4社で契約している。
  • Bさん→200万円を1社で契約している。

 

この場合、Bさんが審査には有利とされています。
つまり……

 

  • Aさん→1社あたりの借入限度額が低い→借入先の信用を得られない
  • Bさん→1社あたりの借入限度額が高い→借入先の信用を得られている

 

となり、Bさんがより審査では有利となるわけです。

 

おまとめローンでは3社程度であれば審査に合格できる可能性もありますが、4社以上では厳しく判断されてしまいます。5社以上ではその時点で不合格となる可能性が高いといわれています。

 

申込ブラック

「申込ブラック」とは短期間に複数の金融業者に申込を行っている利用者のことです。
契約の有無に関わらず、申込履歴自体が個人信用情報に記録されますので、あまち短期間に申込を行っている事実が確認されると、それだけで審査には不利となります。

 

概ね1ヶ月に3社以上続けて申し込むと、まず審査には合格できません。

 

ローンの申込は「数打ちゃ当たる」というものではありません
申込情報は通常個人信用情報に6ヶ月間記録されますので注意しましょう。

 

金融事故情報

個人信用情報に事故情報がある、つまり「ブラック」の状態では、まず審査に合格できません

 

  • 3ヶ月以上の延滞
  • 自己破産、個人再生など
  • 借金自体の不払い(踏み倒し)

 

このような金融事故は個人信用情報に5〜10年間は記録されます。
その期間はまず審査には合格できないと考えておきましょう。

 

審査に合格しやすい時期がある?

あまり知られていないことですが、金融機関の審査に合格しやすい時期というものが存在しています。それは「年度末」です。どのような職場でも同じですが、年度末は年間の目標を達成するべく奮起しています。

 

金融業者でも同様で、年間目標(いわゆるノルマ)に到達できていなければ、少しでも融資を増やして利益を確保しようとする動きが働きます。

 

金融機関の年度末、つまり毎年3月末は、就職や引っ越しなどでローンの需要が増える時期でもあり、各社の競争も激しくなります。そのような状況に便乗する形でおまとめローンの申込を行うこともひとつの方法かもしれません。