MENU

おまとめローンのメリットとデメリット

複数のカードローンやキャッシングに悩まれる方に人気があるのが「おまとめローン」です。
その名の通り、いつくかのローンを「おまとめ=一本化」することでいくつかのメリットが生まれてきます。

 

しかしおまとめローンを利用する場合には、注意しなければいけないこともあります。
おまとめローンのメリットとデメリットを比較して、自分の状況に応じて利用することが大切です。

 

おまとめローンのメリット

@返済日がひとつになる。

複数の先から借りていると、必ずしも返済日が同日とは限りません
むしろ異なっているケースが多いのではないでしょうか。

 

返済日がばらばらであることで、毎月の返済管理も大変でしょう。
うっかり返済日を間違えて、返済を忘れてしまったという場合も多いのではないでしょうか。

 

おまとめローンを利用することで、借入先がひとつになることで、返済日も毎月1日となります。毎月の返済日や返済金額の管理が楽になることで、精神的にも余裕を持つことができるでしょう。

 

A利息返済負担を減らすことが可能。

より金利の低いおまとめローンを利用することで、以後の利息返済負担を減らすことも可能です。おまとめローンを利用する場合には、念密に返済シュミレーションを行い、より負担を減らすように利用しましょう。

 

B個人信用情報にキズがつかない。

おまとめローンは、自己破産や民事再生といった「債務整理」とは違います
あくまで正式なローンの一種ですので、おまとめローンを利用したからといって、個人信用情報にキズがつく(ブラックになる)ことはありません

 

おまとめローンのデメリット

@ローンが減る(無くなる)わけではない。

おまとめローンを利用したからといって、もともとあったローンが減ることや無くなるわけではありません。複数のローンを一本にまとめることで、負担を減らす目的ですので、ローン残高自体は変わりません

 

より金利が低いおまとめローンを利用することで、以後の利息支払負担を減らすこともできますが、ローン残高が減ったと勘違いしないように注意しましょう。それどころか上手に利用しなければ結果的に返済回数が増加し、利息支払負担も増えることもありますのでより念密なシュミレーションが重要になってきます。

 

A審査基準が厳しい

おまとめローンはその性質上、融資金額が高額になる傾向があります。
そのため審査基準が各社とも厳しく設定されています。
当然これまでの返済状況に問題がある場合などは、まず審査には合格できないでしょう。

 

おまとめローンはいわゆる「総量規制」の対象外です。
借入金額が「年収の3分の1」に制限されることはありません。
しかし審査基準が厳しいことから「年収の3分の1」を越えるレベルの契約は難しい傾向にもあります。

 

実際「年収の3分の1」以上の借入は、おまとめローンでも認めていない消費者金融なども存在しています。

 

B追加借入はできない。
おまとめローンは基本的に「返済専用」のローンです。
カードローン形式(当座貸越契約)をとっていたとしても、追加の借入はできないことがほとんどです。

 

返済により借入限度額に空き枠が生じても、通常は返済のみを続けていくだけですので注意しましょう。

 

またおまとめローン利用後に、他社で新たな借入を行うことは避けた方が賢明です。
おまとめローンを契約した金融機関にもよりますが、契約違反として一括返済や違約金を請求されることもあります。

 

そもそも毎月の返済負担を減らす目的でおまとめローンを検討したのでしょうから、他社で新たに借入を行ったのでは意味がありません。まさに本末転倒といえますので、注意しましょう。